読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングコング型

ティッパタッパタパタパタ

M島区

先日、知人宅にお邪魔する機会がありました。

そういえば引っ越したという話を思い出して、 住所を聞いたら都島区だということでした。

 

都島区といえば、僕が中学生時代を過ごした土地で、

たかだか3年しかいませんでしたが、その時期の3年というのは、かなりの密度です。

160度ぐらい人格が変わったという自覚があります。

 

十数年ぶり来た都島駅から知人宅まで歩いてる間、

3年間分とは思えない量の記憶がフラッシュバックして、

そういえば、ここに住んでた時にスピッツを初めて聞いたんだなと思い出しました。

 

洋楽とラジオばっかり聴いてた時期でした。

絵に描いたように斜に構えた中二病だった僕が、

ラジオから曲が流れてきた時の景色を、

最も、というか唯一カラーで脳内再生できる曲が、

スピッツの「裸のままで」です。 

 


スピッツ / 裸のままで - YouTube

 

いやー、いつ聴いてもイイなあ!

そして何より「草野マサムネ」の歳とらなさ具合も甚だ恐ろしい。

あの人、いま45歳超えてるはずだけど、「裸のままで」の頃と見た目がほぼ変わってない。

 

なんでだ。

 

 

 

と、そんな事を考えながら適当に雰囲気で歩いていって、

確認したら友人宅とは160度真逆に行ってしまっていた、

2014年正月、とある日の15時でありました。

 

 

 

 

-------------

 ASR RECORD STOREにて、新春キャンペーン開催中です。
ナードマグネット、root13.、The Calendar of Happy Days、
3組によるスプリットCD「penかapple」と、
ナードマグネットの対象商品か、The Calendar of Happy Daysの対象商品を
同時にご購入で特典が付きます。詳しくは下記画像からご確認ください。

新春キャンペーン開催中!

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今年も一年よろしくお願いします。

いま思い返すと新幹線、
その次は各駅停車、
と思ったらいつの間にか特急に乗っていて、
少し経ったら下車させられて、
今また各駅停車に乗っている。
そんな感じの30年ちょいです。
こっから特急とか新幹線とかに乗り換えるかはわからんですが、
それはそれ。

どっちにしろ目的地に向かうわけですから。
最近、自分の負けず嫌いがかなり表に出てきてる気がするので、そういう一年になると思います。
頑張ってる人に負けたくないですよね。



年末に帰省して、
帰省っつっても電車で50分足らずですが。

実家はネコ優先のシステムがさらに進んでいました。
そのうち俺の部屋もなくなるんじゃないやろか。

おせち料理食べて、
マンガ読んで、
ネコと戯れて、
眠る。
これで終わりました。毎年同じ。
正月のたびに思いますが、ほんとに金魚屋古書店の地下みたいなところで暮らしたい。


Fireloopと自分の仕事始めは明日1月4日からです。

ASR RECORDS presents「◯◯and◯◯Duo」

筒井トシアキand井澤聖一Duo
浅野毅and毛利翔太郎Duo
たかぎしゆかand山岡永美Duo
寺前雅人andニシケケ夏ノコDuo
阿宅ユースケand岩井空海人Duo

前売1500円 当日2000円
開場18:00 開演18:30



しかし、ネコといると写真を撮りたくなりますね。
ネコ好きの人がよく写真をアップしている気持ちがすごくわかりました。
f:id:nicecinema:20140103150411j:plain
左がコテツ、右がポン(妹が命名)。

年末のご挨拶

2013年、関わってくださった皆様、ありがとうございました。

すごく月並みな言葉ですが、そうとしか言いようがないですね、やっぱり。

今年はFireloopとしては、例年以上にたくさんの新しい才能に出会えた気がします。

以前から縁のある才能が、ひとつ扉を開いたなと感じることもたくさんありました。

スタジオの方も、10代の人の姿が明らかに増えています。



レーベルとしては、

2月にThe Calendar of Happy Daysのミニアルバム「Feelback-View」を、

11月にはナードマグネット、root13.、The Calendar of Happy Daysの3組によるスプリット「penかapple」をリリースできました。

Fireloop地下ロビーで展開している、ASR RECORD STOREの取り扱いアイテムも増え、

オンラインストアでの通販もスタートできました。




あっという間に毎年過ぎていくんですが、

思い返すと、それなりに働いたなあという印象です。

が、相変わらず性格が楽観的すぎるというか怠け者なので、

そこはもうちょいチューニングをしっかりしたいです。

たぶんまだ2音ぐらい低い。


だいたい仕事納めは28日だったから、

これだってもっと早く書けたはずだしなあ。



しかし、この仕事を始めて13年ですが、

会いたいと思う人なんてほとんど思い浮かばなくて、

どっちかって言うと、基本的に人には会いたくない、

趣味の部屋に一生閉じこもっていたい人間だったのに、

今日はあの人に会えるなとか、

あのバンドのライブ楽しみだなとか、

そう思えていることと、

ロマンとドラマにつながる人生を送れているのは、

奇跡という言葉すら生ぬるいと思っています。

これは天職、一生続けられるなと改めて思います。



来年も頑張ります。

とりあえず消費税上がるのに対応しないと。




年末年始の少しの間だけ、

キャンディーズの「普通の女の子に戻ります」よろしく、

普通の男性に戻ります。

30代男性ライブハウス・レーベルオーナー

から、

30代男性無職独身

へ。



うわ、文字にすると終わってる…!







皆様、良いお年を!

T字路にいた二人 2

ダブンタン&ダブンチョ
少し前の冬、夕方の出来事について。
私はNさんと食事に行く約束をしていた。
 
私は普段あまり外食、特に何か美味しいものを、
という理由で時間を空けてまでというのは少ない。
だが、その数日前に訪れた徳島ではうどん、
広島では広島焼きを食べ損ねてしまい、
美味しいものを食べたい欲が、
行き場を求めて彷徨い苦悩し、殴り合いや激論、
そして絶望の末に天に召されていたのだ。
 
待ち合わせ場所は某駅から徒歩1分、
T字路にある、古金貨専門店である。
約束の時間に私が着くと、すでにNさんは到着していて、
会うなり、まくしたてるように話し始めた。
 
「家を出てから、急にストーブの電源切ったか気になってしょうがないんですよー!
あー、気になる!つきっぱなしだと危ないじゃないですか!?
火事になるかもしれないし!ていうか、そういうことあるでしょ!?」
 
相変わらずスイッチがオンの時のテンションが高い。
高すぎる…。
こちらの意見を求めてるはずなのに、
こちらが喋るタイミングは、見つけさせてくれない。
 
しばらくまくし立てたNさんが少し落ち着いたタイミングで、
「とりあえず向かいましょうか」
と、私は移動を促した。
 
 
駅から見てT字路を左に向かい、踏切で通過電車を上り下りの2台分、待つ。
電車の通過中も、Nさんはボリュームをあげて話し続けた。
さすがにこの瞬間は黙るかと思ったが、どうやら私の予想は甘かったようだ。
常に最悪の事態を想定して行動しなければ。
戦場なら私は死んでいた(実際にはここは戦場ではない)。
 
踏切を渡り、またしばらく歩く。
引き続きNさんは「ストーブガーストーブガー」状態のままだ。
 
ちなみに、私ももちろん同じようなことはある。
あれ、今日ガスコンロの火を切ってきたかな?
と、何がきっかけか突然気になったりすることはある。
というか、つい最近あったばかりだ。
それまで全く気にも留めなかった日常の何かが、
妙に気になって仕方ないという現象。
何か名前をつけたいぐらいだ。
今度あったら名前をつけてやる。
 
私の場合、気になることにはしっかり向き合わないと気が済まない性分なので
その時は適当に理由をつけて自宅まで確認しに戻ったが。
 
そこまで気になるなら一度自宅に戻りますか?と言いかけた時、
ちょうどNさんの好きな手袋屋さんの前に来た。
そこからは、Nさんは打って変わって手袋の話ししかしない。
目的の料理屋に着いたが、あいにく混雑していたので、
店の前でしばらく空席を待つことになった。
私は店先のメニューを見ながら注文を考えていたが、
Nさんはまだ手袋の話をしている。
毎年冬になると、去年買った手袋が見つからないらしい。
私の身近にもう一人そういう人がいますよ、と相槌をうち、そのまま、
「そろそろ席も空きそうですし、注文を決めといてくださいね」
と伝えると、ようやくNさんはメニューを手にとった。
 
あれだけずっとストーブの電源のことを気にしていたのに、
手袋屋さんの前を通ってからは、ストーブの「ス」の字も出てこない。
手袋の話ばかりだった。
あの店通過前とあの店通過後のNさんは、別人のようだった。
 
 
そして、Nさんの「注文決まりました。」とほぼ同時に、
ドアが開き、店員さんに呼び込まれた。
 
私が先に店に入った瞬間だった。
突然、これまで感じたことのない強烈な揺れを感じ、
直後に「コップの水に氷を入れた時に鳴る」ビシッというような音、
実際にはその何倍もの大音量、が響いた。
 
とっさに振り返ると、
Nさんは割れた大地の闇に、
吸い込まれていった。
 
 
 
 
 
 
 
 

T字路にいた二人

ダブンタン&ダブンチョ

何年か前の冬の朝のこと。
私はNさんと二人で、とある街を歩いていた。
会話は、少し前に二人で行ったリサイクルストアのことが主な話題だった。
その日私がかけていたティアドロップのサングラスも、そこで買ったものだ。

そんな会話の中、T字路に差し掛かり、
私はNさんに一つの質問を投げかけた。

「Nさん、T字路での選択肢って右折と左折以外に何があると思います?」

「え?…あ、前進とか?(笑)
それってまさか、私は自分で道を切りひらいて進みます!
みたいなカッコいい感じのやつ?
それか、選択肢は二つに見えて、
考え方を変えたらもうひとつ見つかりますよ、
みたいな賢そうに見えるアピール??」

Nさん、難しく考えすぎだなと思いながら私は言った。
「答えは、後退です。」

「……なるほどね、シンプルな話ね。

だけどねぇ、あたしゃ後退なんかしませんからね!

あたしの空手はねぇ、後退のネジは外してあんだよ!!」

急に浅香光代みたいな口調になったことについて、

私はさほど気にならなかったが、一つのことを思い出した。
そうか、こないだNさんと行ったあの店で拾った「後退のネジ」はこの人のものだったのか…。

Nさんに、あの店で後退のネジを外すほどの出来事があったとは到底思えなかったが、

私はその拾った後退のネジを黒いロングコートのポッケから取り出し、

そっとNさんに取り付けてあげた。


後退のネジが戻ってきたNさんは、
ニコリと私に笑いかけ、
そして、一人でもと来た道を戻っていった。



少しの間、私は去りゆくNさんの後ろ姿を、

タバコを二本同時に吸いながら見つめていた。



突然、強い風が吹いた。

Nさんはその強風にさらわれ、
朝の冷たく澄んだ空の彼方に、消えていった。




となりの◯◯◯

ダブンタン&ダブンチョ

1ヶ月ほど前から自宅の隣が工事中です。
我が家は7軒だか9軒だかの長屋の真ん中で、
我が家以外は店舗用の建造物だそうです。

なので、誰かが隣の建造物を使うということは、
何かしらの店舗なのは間違いない。
いやー、飲食店だけは避けて欲しい。
肉関係のお店とかだと虫出るやんかー。
出来れば古金貨専門店とか、ネタとして面白いお店であって欲しい。

と思っていたわけですが、
こないだ工事主任の人が挨拶に来たので、
これ、どんなお店ができるんですか?と聞いてみました。

「パン屋です」


マジか。パン屋て。
予想外の角度から、ある意味ネタとして面白いお店でした。

すでに、ちょこちょこと顔を出していって、
そのうち閉店間際のおつとめ品的なものをタダでもらう気バリバリです。
ふつうに美味しいお店だといいなあと思います。
立地的に大丈夫なんだろうかと、すでに心配もしていますが。



で、住み始めてからずっと両隣が空いていたので、
深夜だろうがなんだろうが、爆音でCD聞いたりDVD見たりしていたんです。
それに関しては、恐らくこれまでどおりで大丈夫そうでホッとした。。
ちなみに最近はスピッツの新作「小さな生き物」ばかり聞いてます。
前作「とげまる」も良かったけど、新作も抜群です。


スピッツ / 小さな生き物 - YouTube

 

 

そして、明日からはスプリットCD「penかapple」のツアーです。

ナードマグネット、root13.、The Calendar of Happy Daysで行ってきます。

 

11/30(土)@徳島CROWBAR 

puddings para mode presents『車輪の下

puddings para mode / The Calendar of Happy Days(大阪)

root13.(大阪) / ナードマグネット(大阪) 

空想空間ひきこもり / 血眼 / Fuzzy apple store

 START 17:30 / 前売 1500円

 

 12/01(日)@広島4.14 

The Calendar of Happy Days / ナードマグネット

root13. / ウサギバニーボーイ / カナタ / cenlo 

 START 17:30 / 前売 1000円 

 

チケットのご予約は NRCCD2013@gmail.comまで、

日時、会場、お名前、枚数を明記のうえご連絡ください。

 

CDについてはhttp://asrr.netをご覧下さい。

※CDのご購入は各バンド出演ライブ会場、およびASR RECORD STOREにてお願いします。

■ASR RECORD STORE…http://asrs.shop-pro.jp/

スピッツは扱ってませんが、タワレコとかには置いてない良い音楽があります。

 

 

さて、ツアー中どれだけソフトクリームを食べることになるか…。

消えた手袋

ダブンタン&ダブンチョ

毎年、夏の終わりを感じつつも、

まだいけるな的な気温が続いて、

ふと気づくと、あからさま冬になっています。

 

OLさんのように何かを羽織るというアクションを経ずに、

服装が夏仕様から冬仕様に一気に変わります。

 

仕事終わりの深夜に自転車に乗っていると、

さすがに手袋が欲しい時期になりました。

ひと夏をこえて、ああ手袋が...と思って、

昨冬に使っていた手袋を探すのですが、

いつも見つかりません。

ひと夏の間に手袋は必ず行方をくらましてしまうのです。

なぜだ。

 

今年もやっぱり去年の手袋の姿はありませんでした。

なぜだ。

 

なので、今年はちょっと高い手袋でも買ってみようかと思っています。

それなら冬が終わった頃に、もっとちゃんとしまうと思います。

 

ただし、寒さの限界を超えてしばらくするまで、

めんどくさがって手袋を買わないでしょう、僕は。

こういう自分の性格が大嫌いなのですが、なかなか治らないものです。

 

 

11月半ばにレーベルのニューリリースがありました。

15日、16日の札幌からリリースツアーが始まりました。

札幌の皆様、ありがとうございました。

 

ナードマグネット

root13.

The Calendar of Happy Days

の3組でまわらせてもらっています。

 

直近は11月30日の徳島CROW BAR、

12月01日の広島4.14です。

 

11/30(土)@徳島CROWBAR 

車輪の下

 

puddings para mode

The Calendar of Happy Days(大阪)

root13.(大阪)

ナードマグネット(大阪) 

空想空間ひきこもり

血眼

Fuzzy apple store

 

 

12/01(日)@広島4.14 

The Calendar of Happy Days

ナードマグネット

root13.

ウサギバニーボーイ

カナタ

cenlo 

 

 

 

 

良いCDです。

ご購入、そしてライブへのご来場お待ちしてます。

 

CDは各バンド出演ライブ会場、およびASR RECORD STOREにてお願いします。

チケットのご予約は NRCCD2013@gmail.comまで、

日時、会場、お名前、枚数を明記のうえご連絡ください。

 

 

f:id:nicecinema:20131114122156j:plain

 

札幌に向かう飛行機への搭乗直前です。

これ以外にほぼ写真を撮っていなかったのは、

札幌が楽しかったからでしょう。

もう過去のことですが。

記憶に刻み込んであるのでそれでいいと思ってます。

 

あぇるぅす。