キングコング型

ティッパタッパタパタパタ

おいしくるメロンパン - thirsty

おいしくるメロンパン(東京)のミニアルバム。

 

12.10のハンブッレッダーズのシングルレコ発ツアーファイナルで初めてFireloopに出演してくれたバンドです。

ハンブレからイベント詳細をもらうまで、実は全く知らないバンドでした。
どんなバンドさんかなと思ってチェックしたらRO69JACK 2016優勝してるー!
ああ、この仕事をしているのになんと不勉強なんだと反省。
まあこの夏は09.26の「This is Fireloop」のことで、脳みそクルクルナイトどころか毎日が脳みそクルクルエブリデイだったんだ。頼む、許してくれ。

それはそうと、MVの曲が良くて楽しみにしてたんですが、
演奏もガッチリしてて期待にそぐわぬバンドさんでした。
僕の好きなバンドであるハンブレが良いって思ってオファーしたバンドなので、そこはそら綺麗に繋がってるなと。


おいしくるメロンパン「色水」


このミニアルバムもとても良かった。

thirsty

thirsty

 

 いわゆるBPM速めのテムズビートにしっかりメロディが乗る感じ。

The next! Liddell 1974とかandymoriとかそういう感じのビート感。
でも、そういった先達とはまた違うメロディなんですね。
中性的な声質もあって、もう少しひんやりしてるというか。
でも別に機械的なってことでもなくて、体温はちゃんとあるんです。
これからもどんな作品を創ってくれるかも楽しみだなあと思いました。

 

おいしくるメロンパン オフィシャルサイト

「STAR FESTIVAL2016冬」のフライヤー解説(どうでもいい)

2016年も残すところあと半月ですな!
今年も年末の風物詩(と俺だけが思っている)「STAR FESTIVAL2016冬」やる。
STAR FESTIVALって七夕のことで、
それは僕が7月7日生まれだからタイトルにしているだけです。
七夕2016冬って直訳すると全然意味わからんですけど。

http://fireloop.net/_3image/161228flyer.jpg

昨日12月16日にタイムテーブルも公開しまして、
さあ、ここで出演バンドをガッツリ紹介するぜ!
しません。

今回のフライヤーの解説をしようと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
ハァ?という方はそっとブラウザを閉じましょう。

 

f:id:nicecinema:20161217060301j:plain

まず、このイラストになっている人物。

これは恐らく藤岡弘、だと思われます。
または、侍(SAMURAI)だと思われます。

この見えない踏み込み(見えている)で間合いを詰めてきている人物ですが、よく見てください(見えます)。
奥から2番目と3番目の移動の間に「2016」という文字列をくぐり抜けています。
いくら藤岡弘、(だと思われる人物)どはいえすり抜けることはできません。
くぐり抜けているはずです。
この間にクイッとくぐり抜けているのです。
ボクサーがキュキュっとダッキングで間合いを詰めるあの感じじゃないでしょうか。


次です。

f:id:nicecinema:20161217060412j:plain

左下にキバヤシ以外のMMRのメンツらしき4人がいます。
間違いなく「なんだってー」と叫んでいるやつです。
なぜここにいるのかはよくわかりません。
何かしらが起こる感じを誘発してくれればいいな、ぐらいの役割です。
これからの彼らの活躍に期待しましょう。

 

次です。

f:id:nicecinema:20161217060507j:plain

最下部に「カレーライスおじさん出現率超絶UP」と書かれています。
超絶UPも何も、おまえフードでカレー出すの確定してるやろ、とは自分でも思います。
ここにはどうせ引きたいキャラは出ないんだし、ソシャゲに引きずり込まれるなよ、という警告と、
「対バンのライブ中にソシャゲしてる奴はもう帰れよ。だから売れないんだよ。」と野津が思っているということを暗に示唆しています。
唐突にシリアスなものをぶっ込んできましたネ。

 

次です。

f:id:nicecinema:20161217060757j:plain

右下の「夏は来る~」です。
もちろん大黒摩季の「夏が来る」のサビの一節です。
なんで冬やのに夏の曲の歌詞ですのん?というあなた。
件の曲は季節としての夏の曲ではないのです。
あれは概念として「夏」を表現しているだけで、
それを「春」に置き換えて聞くと、色々すんなり理解できる内容となっています。
かと言ってユーミンの「春よ来い」で使われている春は、そのどちらでもないです。
ベタですが、こういうところが言葉の面白さですね。たぶん。

 

f:id:nicecinema:20161217062150j:plain

そして効果音的に存在する「ガッショウ!!」ですね。
これは効果音なのか藤岡弘、(と思われる人物)の声、
声自体がもはや心に響く重みを伴った姿ともとれます。
受け取り方は人それぞれです。

 

最後に一番上、最も見落とされがちな部分に、小さな人間が置かれていますね。

f:id:nicecinema:20161217060937j:plain

これも、かの藤岡弘、だと思われます。
厳密に言うと、去年の藤岡弘、ですね。
去年は何かに座っているようなポーズだったんですね。
今年は立ち上がって間合いを詰めてきています。
これは何を暗示しているのでしょうか。。

去年の藤岡弘、(だと思われる人物)のフライヤーはこちら。

藤岡弘、のフライヤーじゃねえよ!

f:id:nicecinema:20161217061226j:plain

My December - Perisa

My December(大阪)の4枚目のシングルです。

9月25日の彼らのイベント(Fireloop)の時にリリースされた最新音源です。

ペルシアというタイトルに引っ張られているのかもしれませんが、
中近東の砂感があります。なんだ砂感て。
つまり、旅情・郷愁的なアレです、メロディが。
タイプの違う3曲どれも良いですね。とても良い!
3曲目のイントロ聞くと、いっつもSay Anythingのソロでハモりだすところが頭をよぎります。
超どうでもいい。一瞬だし。


My December Persia MV

彼らには専用の通販があるのでどうかなあと思いますが、
うちのストアでも扱えないか聞いてみよう!

mydecember.thebase.in

My December | マイディセンバー official web site

DARK TRANQUILLITY - Atoma

色々あって、8月くらいから全然CD買ってませんでした。
こんな長いのは珍しい。
バンドさんから直接頂いたり、ライブ会場で買ったり、そういうのはあったので新しい音楽を聴いてなかったって事は全くないのですが。


久しぶりに買ったのは前エントリーのイエモン「砂の塔」と、
このDARK TRANQUILLITYの「Atoma」。

  

アトマ

アトマ

 

 

ダーク トランキュリティ、ないしトランクゥイリティと読む、らしい。
メロディックデスメタルです、一般的には。
もう20年選手のベテランです。
10代の頃からすごく好きなバンドです。
初期の頃のようにアグレッション一徹みたいなデスメタル感は減り、
どんどんゴシック的なメランコリックさやニューウェーブぽい部分が増えてきて、
最近は作品ごとに
「今回はアグレッション多め!
「今回はメランコリック多め!」
みたいなイメージでしたが、この「Atoma」はちょうど良い塩梅な気がします。
「Damage Done」「FICTION」「CONSTRUCT」とかも好きですけど。


DARK TRANQUILLITY - Atoma (OFFICIAL VIDEO)


メランコリックな曲が基本で、
合間合間にアグレッシブ、BPM上げめの曲が入る感じです。


DARK TRANQUILLITY - The Pitiless (OFFICIAL VIDEO)

 アグレッシブなのもやはり十八番というかカッコいい。

 

そして彼らのこういう曲がすごく好みなので嬉しい。


DARK TRANQUILLITY - Forward Momentum (OFFICIAL VIDEO)

AMORPHISやSENTENCED(既に解散)のサウンドの雰囲気とかぶってる気はしますし、おそらくそれは事実。

その両バンドも大好きですが、

とりあえず僕はDARK TRANQUILLITYのミカエル・スタンネのボーカルが好きです。

デスボイスに区別なんかあんのかってのが一般的な意見だと思いますが、あるんです!

デスヴォイス - Wikipedia

 

メロディックデスメタルとか、夏に聞くようなサウンドじゃないとは思いますが、

やっぱり冬に聞いてるほうが雰囲気があってて良いです。

買ってからよく聞いてて、だいぶお気に入りのアルバムです。

来日公演があればいいなあ。。 

THE YELLOW MONKEY - 砂の塔

THE YELLOW MONKEYは僕にとって非常に大きな存在のバンドです。
イエモン好き過ぎるんですね、とりあえず。

再結成のニュース、ツアーがあると聞いたときも、
「かっこ悪くなってたら嫌やしなー」
とかうそぶいて、新曲聴かずライブ行かずでした。

本当にそう思っていたかは自分でもよく分かりません。
本音のようなそうでないような。
改めてイエモン好き過ぎるんですね、とりあえず。

で、また新曲が出て今度はCDが出るということで、
ちらっと情報を見たらライブ音源が12曲も入っているじゃないか。
あえて詳しく収録曲は見ずに買いました。
できるだけ前情報を入れずに聴きました。

 

砂の塔【初回限定盤】

砂の塔【初回限定盤】

 

 

イエモン最高だー


砂の塔はイエモンの歌謡曲サイド出まくり、
ALRIGHTは熱帯夜とかその頃の雰囲気強め。
もし僕がイエモン未体験でも好きになってたと思いました。
とは言え、実際はいまの僕の音楽的好みにイエモンの影響はでかいので、なんとも言えませんが。

何よりライブ音源がカッコよくて良かった。
基本的にイエモンはアルバム音源よりライブ盤のほうがカッコいいんです、昔から。
再結成で初めて触れた人にとって、このライブ盤12曲はとても良いと思います。
ベスト盤からも漏れない選曲だろうし、くどいようですがライブの方が良いので。
中には音源では全くピンときてなかったのに、ライブで初めてかっこよさに気づく曲もあります。
アレンジもライブ盤でカッコよくなっていることも多いですし。
ちょいちょい歌い回しも変わってたし。
これは吉井和哉ソロ時代にすでにそうなっていた部分がほとんどだと後で聞きましたが、
僕はそこがすっぽり抜けているので新鮮でした、ということです。
あ「BRILLIANT WORLD」のここPOLICEやんって今更気づいたり、
何が始まるんやと思ってたらめっちゃカッコよく「球根」が始まったり、
そして「TVのシンガー」の最後の1秒ぐらいのところで、
明らかに「ゴージャス」のイントロがうっすらフェードアウトしながら聞こえてくるところで、
「やっぱりこの繋ぎやるんかい!20年ぐらい前からやってるやん!」
という嬉しいツッコミをしました。
そして最後に「カナリヤ」が収録されていて嬉しかった。
草原「でした」?
草原で「した」?
セットリストのどの位置で演ったのか、僕は知りませんが、
「おはようー!!」
と叫んで1曲めに演ってたとしたら、そしてそれを現場で見ていたら泣いてたかもしれん。

だから次のツアーには必ず行こうと思っています。

 

 


帰ってきたザ・イエロー・モンキー 『砂の塔』スペシャルティザー映像第三弾

2017.01.14(土)・15(日)「This is Fireloop basement」について

年が明けた2017年1月14日と15日の2日間でイベントをやります。

その前に、このイベントをやるに当たり先にお伝えすべきことがありまして。
来年からのFireloopではライブハウス主導で行うライブイベント、
いわゆるブッキングライブ、というものの趣向も変えていこうと考えています。

 

端的に言ってしまうと、ジャンルでくくるのはやめようと思っています。
ここで言うジャンルとは、音楽ジャンル、ということです。

 

ありがたいことに、Fireloopにはたくさんのバンドが出演してくれています。
サウンド的にFireloop出てそう、みたいなバンドのイメージもあるかもしれませんが、
特にそれに限定してやっているつもりはこちらにはありません。

 

音楽を聴くうえで、もちろんジャンル的な好き嫌いは存在するとは思います。
が、「知らない」ジャンルというのも存在しますし、
「理解できていない」ジャンルというのも存在すると思います。
ライブハウススタッフは仕事の現場で色んなバンドを見るので、
どんどんジャンル的な偏りが無くなっていきます。
また、CDで聴くのとライブで見るのはぜんぜん違います。
CDではわからないバンドマンの一挙手一投足、立ち振舞、
そういったものによって「受け入れられる」ことがたくさんあり、
そこから理解が一気に進むこともあります。

そうなると、やはりお客さんにもそういう提案がしたいなあとなってきます。
これは、なんのコンセプトもなく適当に出演バンドを決めるのではなく、
「ジャンル」以外の何かで決めるということです。
Aというバンドが出ているから、対バンのB、C、Dとかも、
ある程度こんな感じのサウンドかな~、というご想像とは異なる結果になるかもしれません。
個人的には元からそういうふうな方向で制作をしていたので、
フタを開けてみたらそこまで大幅に見た目が変わらないかもしれませんが、
外向きに明確に提示したうえでやることになるというのは、
なんだかんだで大きな変化に繋がっていくとは思います。

そういったこちらの意向は、
別に上から押し付けるようなものではないですし、あくまで提案だと思います。
なので、お客さんの満足を得られないようなら、元に戻すと思います。
これは同じく、出演してくれるバンド側の理解も得ないといけないことですし。
ただ、より良いものを作ろうと思うのであれば、
チャレンジし続けないとダメだと強く思っています。


先日ラジオのとある有機野菜農家の方へのインタビューで、
「有機野菜だから良い訳でも美味しい訳でもない。」というくだりを聞き、
結局どういう業種でもそうなんだなあと思いました。
美味しくて形も良い有機野菜を作るレベルの農家もいれば、
有機野菜というだけで全然美味しくないし虫がつく野菜を作る農家もいるということでした。

そんなことは、歳をとれば、色々経験すれば理解していくことですが、
より色んな形で、提供する側が受け手の方に対してアプローチしなければと思っています。

 

他にも、
バンドが音楽を長く続けていくために、だったり、
よりカッコいい音楽が生まれる土壌のため、だったり、
同時に、多様性が失われると何かとヤバい、だったり、
アメリカ村や梅田といったエリアではない寺田町に来て頂くため、だったり、
色々と理由はありますが、全部書くと途方もない量になるので、
ひとまず今回は、絶対的なFireloopの思想みたいな部分だけお伝えできればと思っています。
他の理由についての細かな部分は、時間と気力が湧けばいつか書くかもしれません。

良い音楽はジャンルで決まるわけではない、
という言葉にするとだいぶ野暮で口幅ったいことですが、
そう思っている以上、よりそこに向き合った仕事をしようということです。


だいぶ前置きが長くなりましたが、
そういった部分にフォーカスしていく2017年からのFireloopで、
それのアイコンというか、象徴するものが必要だと思い、
企画・制作を開始したのが来年1月14日・15日のイベントです。

イベントタイトルも散々考えた結果、
「This is Fireloop」にすることにしました。
どっかで聞いたことあるような無いような…。
正確には「This is Fireloop basement」としました。
他に「これだ!」というタイトルを思いつけば変えるかもしれません。

僕は、タイトルとか名前にはあんまり頓着がなくて、
内容が全てでしょ、っていう身も蓋もないタイプなのですが、
このイベントについては結構ピタッとハマった気もします。流用ですが。

 

日時:2017年1月14日(土) / 15日(日)
会場:大阪・天王寺Fireloop
タイトル:「This is Fireloop basement」
料金:前売2,500円 / メール予約2,700円 / 当日3,000円 / 通し券4,000円
※高校生以下の方は学生証提示で1日券1,000円
※新成人の方は身分証提示で1日券1,000円
時間:開場 / 開演ともに調整中(昼過ぎ予定)

14日出演:HELLHOUND(東京) / river(ロマンチック日本代表!!!)(東京)
15日出演:ユーノ(東京) / 白い朝に咲く(徳島)
※両日10バンド前後出演予定(随時公開)

f:id:nicecinema:20161119171557j:plain

フライヤーもだいたい出来ているのですが、

出演者の公開に合わせてデザインが完成していくような形で公開していきます。
2日間トータルで20組ほどの出演を予定しており、
ある程度出演者も決まってきているので、随時お知らせしていこうと思っています。

なんにせよ、コンセプト的にも今後のFireloop的にも、
とても大事な意味合いを持つイベントになります。

頑張ります。

STAR FESTIVAL2016 Backstreet Symphony

もうちょっと早く書きたかったし、書くべきだったんだけども、

気がつけばすでに今日の晩の事になってしまっという。

 

橙々


橙々-リリイ- 【Official Video】

reGretGirl

 

sankanshion゜


sankanshion° 「透明な人間」

mock heroic


シンデレラ/mock heroic

月一 「月一」公式ホームページ (早くPVとか作れ!)

という5組で19時スタート。前売り1800円です。

 

この5組ってみんなが同い年なわけではないけど、

とりあえず自分より干支で言うと一回り以上年齢が下なんですね。

言ってもライブハウスでイベント制作をして、もう15年なので、

今更ミュージシャンとしての才能に年齢は関係ないなんて理解しているけど、

この5組については、そういう年齢差があったうえで、

本当に良い音楽を作る人達だなあと素直に思えるし、

これから先をとても期待しているバンドだけです。

 

正直なところ、めっちゃ良いライブの次が、普通だったり、

全然届いてこなかったりっていう「安定感の無さ」みたいな危うさもあります。

それはお金を払って云々というところで言うと、

買いづらい商品だとは思うのですが、

そこにある限界突破力は、キャリアを積むことで得られる安定感によって、

振り幅としては平均化されていくというのが普通なので、

今こういう時期の彼らをちゃんと目撃することは、相応の価値があるんじゃないかと思っています。

 

今日7月7日は僕の誕生日で、

別にそれを祝うために彼らにオファーをしたつもりはないですが、

自分にとって、2016年の誕生日にこの5組に出演してもらえたということは誇らしいことです。

そういうのをお客さんにもちゃんと伝えられる日になれば、と思っています。

そこが伝わらないのであれば、それは僕の目利きがダメってだけの話なので、

より精進するしかないんですけどね。

 

例えば2010年の7月7日は

ハヌマーン
SEGARE
ecosystem
NIO
バックドロップシンデレラ(東京)
The Spring Summer
かげぼうし(東京)

というメンツでした。

 

これはこれで、今夜のイベントとはまた違うコンセプトで進めてたので、

簡単に比較できるものではないのですが、

込めてるものは今夜のも同じ、つもり。

それを言い出したら他の日はどうなんだとかっていう、

また別の話に議論がすり替わるのでアレですが。

 

Fireloopでお待ちしています。

大好きな5バンドと良い夜をお届けします。