読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングコング型

ティッパタッパタパタパタ

ハヌマーン記 - その2

08.19
「目には目を。歯には歯を。下北沢には下北沢を」を俺一人が合言葉に19日・20日は続けて下北沢でライブ。今日は初出演となる下北沢BASEMENT BARにて。BASEMENT BARは雰囲気や音の感じ、スタッフさんの人当たりとかもとても良かったんだけど、ハヌマーンはちょっとちぐはぐなライブをしてしまったかと思う。ユーモルアーのドラムで、以前はthattaのサポートドラムもやっていたケンジ君が「BASEMENT BAR」のスタッフとして組んでくれたイベントだったんだけど、空回ってしまったかもねえ。対バンもみんなカッコ良かったよ。

08.20
今日も下北沢。今日はいつもお世話になっているERAで。昨日の事もあって、リハからチェックしつつ進める。本来ハヌマーンが音楽的に表現するべきポイントを押さえていかないとダメだし、CDとかけ離れたサウンドになっちゃうのもダメだしね。CDがどうとかライブがどうとかそういう事じゃないんだけどね、実際。ライブと音源に無駄な相違を作らないように、というか作る必要なんてない。売るとか売れるは結果論でしかないと思うし。「がんじがらめにされそうなぐらい多くのしがらみ」を飲み込んでしまったうえで、ライブならでは、バンドならではの強みを発揮しなきゃいけない。そんなステップをツアー中に試行錯誤してると思うよ、ハヌマーンは。ライブの仕方一つ、意識の向きひとつで、同じセットリストをしてもフロアからの反応はとても変化する。学ぶ事が多すぎるけど、これはこれですごく楽しい過程だ。明日は最終日、新宿JAMと大塚Deepaのダブルヘッダー。生きろ。

08.21
最終日、ほぼ毎回東京遠征のたびにお世話になっている新宿JAMだ。もう何回目かもよくわからん。大阪からずっと一緒に回ってきてくれたゆれる、復活する盟友thattaにviridian、BASEMENT BARではハコのスタッフとしてイベントを企画してくれたケンジ君のいるユーモルアーなどなど、目の離せないラインナップの新宿JAM presents「無限放送」だ。リハーサル前に新宿と渋谷のタワレコに挨拶に行く。渋谷店の関谷さん、お忙しいところありがとうございました。ライブでは、ハヌマーンは「幻によろしく」から始めて「若者のすべて」をはさみ、ラスト「ハイカラさんが通る」。アンコールで「アナーキー・イン・ザ・1K」にて締める。内容は見てくれた人、その場にいた人に聞いてもらえればいいんじゃないでしょうか。結局、その場で見たことがすべてだと思うのでね。良いか悪いかはわからんけど、「一度見に来てもらえれば」とは言える。その後は、別れを惜しみつつ大塚Deepaに移動して、ダイノジpresents"ジャイアンナイト"に出演。興奮冷めやらぬというか、引き続きのライブをして東京分は終了。ツアー自体はまだ残っているけど、次の神戸ではまた良いライブをしてくれると思うなあ、勝手にだけど。東京5日間はあっという間で、ほとんどドラクエは進まなかったけど、4日目ぐらいからタバコやめたよ。サンクス。
ジャイアンナイト終わりで(06:00頃)大阪へ向けて出発。交代で運転していって、最終的に16:30あたりに無事自宅に到着した後、ドラクエでもやろうかと思ったんだけど、起動した直後に気絶したらしく、10時間ほど時間は経過しているのにまったくストーリーが進んでいない状態になっていておもしろかったです。