読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングコング型

ティッパタッパタパタパタ

あけましておめでとうございます2010

今年の抱負と言われても困るって話以前に、誰からも聞かれてないので、特に書きません。
去年も書いたので、パッと思いついた感じでよく聞いていたアルバム10枚と短評を。
※去年の…http://d.hatena.ne.jp/fl2005/20090102/p1


そしてもう一度夢見るだろう (AND I WILL DREAM AGAIN.)

そしてもう一度夢見るだろう (AND I WILL DREAM AGAIN.)

さっすがユーミンという作品ではないでしょうか。タイトルからジャケットデザインまで込みで素晴らしい。


JOIN THE Q [ボーナストラック2曲収録・解説付き・国内盤] (BRC205)

JOIN THE Q [ボーナストラック2曲収録・解説付き・国内盤] (BRC205)

ビッシビシきますよ。なんせカッコいい。どっちもかっこよかったけど、09年はTHE PRODIGYよりこっちかな。


Quicken the Heart

Quicken the Heart

出すごとに結構作風が変わるバンドなんだけど、よりスタイリッシュに。実験的なくせにいつもポップさを忘れない。


Crack the Skye

Crack the Skye

PORCUPINE TREE的な硬質感とWolverine的な荒涼感のプログレッシブメタル。Meshuggahはしんどいって人も聴けるかと。


PULPの頃からずっと好きなんだけど、前作のソロより、さらにバラエティ豊かにソウルフルになったと思う。


ホウェン・ザ・ライツ・ゴー・ダウン

ホウェン・ザ・ライツ・ゴー・ダウン

復活作に続いて日本盤化されたライブアルバム。これホントにライブ盤かっていう完成度。3月の来日公演が超楽しみ。


歩幅と太陽

歩幅と太陽

だんだん渋く地味になってるようで、実に味わい深い作品だなあと。聴き始めるとついつい最後まで通して聞いてしまう。


Horehound

Horehound

The White Stripesのジャックの新プロジェクト。個人的には彼の関わった作品では一番好きかも。3月の来日公演が東京だけって…。


スカイフォージャー

スカイフォージャー

慟哭の一枚。メロディックデスメタルの元祖が、音楽的試行錯誤を繰り返し逆に、ベーシックで王道のメロディックデスメタルを作り上げた。

lostageGOとPORCUPINE TREEのジ・インシデントは物凄く良かったんだけど、回数めちゃくちゃ聞いたかっていうと、ちょっと違うのでここでは外れたり、GUNS N' ROSESのAppetite for Destructionもよく聞いてたけどSHM-CDでのリイシューなので同様に外してます。
例によってFireloopに出演してくれるバンドとか、とっても身近な作品はあえて外してます。こういうのはちょこちょこ普段の日記で書いている(書いていく)ので、すみませんがそういう事で。今年はDJやる機会も増えるので、さらにたくさんCDを聞くと思うし、カッコいい作品に出会えたらいいなあと思ってます。まあ、毎年それは同じなんですが。あと、マンガの話ももっとしたい。笑
というわけで今年も一年よろしくお願い致します。