読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングコング型

ティッパタッパタパタパタ

STAR FESTIVAL2016 Backstreet Symphony

もうちょっと早く書きたかったし、書くべきだったんだけども、

気がつけばすでに今日の晩の事になってしまっという。

 

橙々


橙々-リリイ- 【Official Video】

reGretGirl

 

sankanshion゜


sankanshion° 「透明な人間」

mock heroic


シンデレラ/mock heroic

月一 「月一」公式ホームページ (早くPVとか作れ!)

という5組で19時スタート。前売り1800円です。

 

この5組ってみんなが同い年なわけではないけど、

とりあえず自分より干支で言うと一回り以上年齢が下なんですね。

言ってもライブハウスでイベント制作をして、もう15年なので、

今更ミュージシャンとしての才能に年齢は関係ないなんて理解しているけど、

この5組については、そういう年齢差があったうえで、

本当に良い音楽を作る人達だなあと素直に思えるし、

これから先をとても期待しているバンドだけです。

 

正直なところ、めっちゃ良いライブの次が、普通だったり、

全然届いてこなかったりっていう「安定感の無さ」みたいな危うさもあります。

それはお金を払って云々というところで言うと、

買いづらい商品だとは思うのですが、

そこにある限界突破力は、キャリアを積むことで得られる安定感によって、

振り幅としては平均化されていくというのが普通なので、

今こういう時期の彼らをちゃんと目撃することは、相応の価値があるんじゃないかと思っています。

 

今日7月7日は僕の誕生日で、

別にそれを祝うために彼らにオファーをしたつもりはないですが、

自分にとって、2016年の誕生日にこの5組に出演してもらえたということは誇らしいことです。

そういうのをお客さんにもちゃんと伝えられる日になれば、と思っています。

そこが伝わらないのであれば、それは僕の目利きがダメってだけの話なので、

より精進するしかないんですけどね。

 

例えば2010年の7月7日は

ハヌマーン
SEGARE
ecosystem
NIO
バックドロップシンデレラ(東京)
The Spring Summer
かげぼうし(東京)

というメンツでした。

 

これはこれで、今夜のイベントとはまた違うコンセプトで進めてたので、

簡単に比較できるものではないのですが、

込めてるものは今夜のも同じ、つもり。

それを言い出したら他の日はどうなんだとかっていう、

また別の話に議論がすり替わるのでアレですが。

 

Fireloopでお待ちしています。

大好きな5バンドと良い夜をお届けします。