読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングコング型

ティッパタッパタパタパタ

THE YELLOW MONKEY - 砂の塔

THE YELLOW MONKEYは僕にとって非常に大きな存在のバンドです。
イエモン好き過ぎるんですね、とりあえず。

再結成のニュース、ツアーがあると聞いたときも、
「かっこ悪くなってたら嫌やしなー」
とかうそぶいて、新曲聴かずライブ行かずでした。

本当にそう思っていたかは自分でもよく分かりません。
本音のようなそうでないような。
改めてイエモン好き過ぎるんですね、とりあえず。

で、また新曲が出て今度はCDが出るということで、
ちらっと情報を見たらライブ音源が12曲も入っているじゃないか。
あえて詳しく収録曲は見ずに買いました。
できるだけ前情報を入れずに聴きました。

 

砂の塔【初回限定盤】

砂の塔【初回限定盤】

 

 

イエモン最高だー


砂の塔はイエモンの歌謡曲サイド出まくり、
ALRIGHTは熱帯夜とかその頃の雰囲気強め。
もし僕がイエモン未体験でも好きになってたと思いました。
とは言え、実際はいまの僕の音楽的好みにイエモンの影響はでかいので、なんとも言えませんが。

何よりライブ音源がカッコよくて良かった。
基本的にイエモンはアルバム音源よりライブ盤のほうがカッコいいんです、昔から。
再結成で初めて触れた人にとって、このライブ盤12曲はとても良いと思います。
ベスト盤からも漏れない選曲だろうし、くどいようですがライブの方が良いので。
中には音源では全くピンときてなかったのに、ライブで初めてかっこよさに気づく曲もあります。
アレンジもライブ盤でカッコよくなっていることも多いですし。
ちょいちょい歌い回しも変わってたし。
これは吉井和哉ソロ時代にすでにそうなっていた部分がほとんどだと後で聞きましたが、
僕はそこがすっぽり抜けているので新鮮でした、ということです。
あ「BRILLIANT WORLD」のここPOLICEやんって今更気づいたり、
何が始まるんやと思ってたらめっちゃカッコよく「球根」が始まったり、
そして「TVのシンガー」の最後の1秒ぐらいのところで、
明らかに「ゴージャス」のイントロがうっすらフェードアウトしながら聞こえてくるところで、
「やっぱりこの繋ぎやるんかい!20年ぐらい前からやってるやん!」
という嬉しいツッコミをしました。
そして最後に「カナリヤ」が収録されていて嬉しかった。
草原「でした」?
草原で「した」?
セットリストのどの位置で演ったのか、僕は知りませんが、
「おはようー!!」
と叫んで1曲めに演ってたとしたら、そしてそれを現場で見ていたら泣いてたかもしれん。

だから次のツアーには必ず行こうと思っています。

 

 


帰ってきたザ・イエロー・モンキー 『砂の塔』スペシャルティザー映像第三弾