キングコング型

ティッパタッパタパタパタ

2018年の超コンパクトな振り返りと2019年の狙いをとにかく大まかにさほど起伏のない文章にした

2018年はなんだかんだ自分と向き合うことの多い一年でした。
敵を知り己を知れば百戦殆うからずと言いますけど、
より自分のことを知れたと考えればとても良い一年だったと思います。
ああ、根っからのポジティブ野郎で良かったなあ。

 

そうやって自分を少しでも知ることができた結果、
どこをどうしていかないとダメなのかも、より具体的に見えてきました。
先のエントリーでも書きましたけど、要するにそういうことですね。
自分が自分以外の人たちに何ができるかを更に研ぎ澄ませていくことです。
そしてそれをどうやって直接的な仕事に繋げていくか。

 

仕事なので情より結果です。
というと、ドライな奴やなあって印象になるかも知れませんが、違います。
情なんてあって当たり前ということです、自分的には。

自分なりの最終的なビジョンはしっかり見えているので、
その過程が少しずつ形になってきたとか、
少しずつ前に進んでいるなとかそういう感覚もあります。

 

そういう意味では昨年末(と言ってもつい先日ですが)、STAR FESTIVAL2018冬については、
たくさんの人たちのおかげで、当初思っていた以上のところまで到達できたと思います。


一日一日がその時点ではそれまでの積み重ねの結果であり、
同時に次に向かうための過程となることの連続です。
2019年も12月30日にはSTAR FESTIVALをやります(小声

 

今年も何をやってどこまで前進できるかを言語化し時系列で並べて、
脳内に刻みつけて生きていこうと思います。
どうせ予定は狂うもんですが、ビジョンのない状態でモチベーションもクソもないですしね。

 

ひとつ言えることは、自分の中の熱だけで進み続けられるほど僕は強くないのです。
だから関わった人たちの姿が物凄く力になります。
何度それで自分を奮い立たせられたか。
そういう人たちへの敬意と感謝を、自分が何者かになることで返したいだけです。
なので同情はいらんのです。
面白いな、面白そうだな、そう思ってもらえたのなら、
なんとか時間をこじ開けて、体力を用意して、お金を払って遊んでってください。

 


あと、そろそろ真実もブーツを履き終えたようです。
今年も一年がんばります。
よろしくお願い致します。

 


Thin Lizzy - The Boys Are Back In Town -- Best Live Version

 

2018.12.13〜12.15 伝説の放浪カモメツアー~地獄と猛獣のおかげです編~

伝説の放浪カモメツアー~地獄と猛獣のおかげです編~、ご来場の皆様、ライブハウススタッフの皆様、そして出演して頂いたバンドの皆様、ありがとうございました。


この12.13~12.15の3日間には、2月のシリーズ1から、8月と10月を除いて(ツアー期間に差はあれど)2018年に取り組んできたこのイベントツアーの集大成的な手応えを感じました。


間違いなく、彼ら無くしてこのイベントツアーは成り立たないと言えるほど時間を共有してきてくれたスキッツォイドマン、2度目のシリーズ参加でイベントツアーの意図を汲みつつ積みあげてきたライブバンドの矜持を叩きつけた忘れてモーテルズ、初参加で(言語化できるかという意味で)趣旨はまだ飲み込めてないながら1日ごとに何かを感じつつ無垢な力強さを増していく虎の子ラミー。

その3組が連日火花を散らしながら増していくグルーヴ感がありました。対バン形式なので、鎬を削り合いながら己を研磨していく流れとその関係性の成立はまさにライブハウスのあるべき姿かと思います。

そして、大阪と名古屋2会場に参加してくれた絶叫する60度という存在。誰よりも「今日この瞬間」「目の前にいるあなた」と向き合う彼女たちの姿は、劇薬と呼べるほどの刺激でした。

南風とクジラ、Geode、Vanishing、HUMANDRIVE、サロメの唇と各地1会場だけど参加して頂いたバンドさんも絶対に欠かせない30分を見せてくれました。

そうやってできた3日間でした。

 


3日間でおよそ250名のお客様にご来場いただきました。

いちライブハウス人間として言うならば、平日2回を含む3日間でのご来場者数を考えると決して悪い数字ではありません。

あえて数字という表現、あえて言うならば、でもまだ足りないんです。それは何かと言うと、限りある時間と体力とお金をこのイベントのためなら使うぞ、という「あなた」の存在、つまりそれは、このイベントに集まった音楽の魅力を伝えるための僕の力が、です。

そして、そういう「あなた」の笑顔が見たいからやっていますし、あなたの知らないカッコいいバンドの存在をまだまだ伝えたいです。

僕は自分が良いと思ってないバンドは呼べない人間なので、カッコいいと思っているバンドに出演してもらってますがオーディエンスではないのです。かと言ってステージで何かパフォーマンスをする訳でもないので出演者でもありません。

ベタに言うならイベンター、いきがって言うならキュレーターとかコーディネイターとかでしょうか。まあ呼称はなんでもいいです。あえて言うなら伝説の仲介カモメ…なんじゃそら。ちょけてしまってすみません。

話を戻して、ということで僕が自分の役割をもっと高い次元で成立させられれば、なんとかして今日来てもらえなかったあなた、今日のことを知らなかったあなたがこの夜に駆けつけてくれると思うのです。

お客さんあんまり入ってないけど、カッコいいバンドが出てます!というのは遠吠えだという認識でいます。カッコいいバンドが出てるならお客さんはたくさん来てくれるはずで、でも僕は出演者じゃないので僕の立場で出来ることは何ですかということで先ほどの結論に至ります。


と言っても、いくら理想を高く掲げようと、物理的な限界もありますので、凡人の僕には昨日今日で状況を激変させられませんし、ただ出来るだけ早くたどり着けるよう精進していきます。

その結果、各地で関わってくれたもっともっとたくさんの人たちの笑顔が見れたら、僕は満足です。

 

繰り返しになりますが、この3日間たくさんの方々にご来場頂いたこと、現場でご協力くださったライブハウススタッフの皆様、カッコいいライブをしてイベントの価値を高め僕に十二分な刺激を与えてくれたバンドの皆様には改めて本当に感謝しています。ただ、もっともっと、一人でも多くの人に気づいてもらいたいという向上心を持ち続けたいですし、あなたが信じている音楽、あなたが人生をかけて創り出した音楽は、まだそれを知らない誰かの心を震わせるものだと伝えたいということです。


これを読んでくれたあなたとライブハウスでお会いできたらいいな。そうやってずっとライブハウスという現場であなたと何かを創っていきたいな。あなたが笑ってくれる、それだけが僕のAll My Treasures。

 

 

 

 


(いろんなことをちゃんと言葉にしたいなと思って文章を書き始めると、どんどん言葉が溢れてきて、それの脳内での整理整頓が追いつかず浮かんだ瞬間の言葉の重みが消えていってしまい結局ぜんぜんブログ書かないとか、それなりの年齢なんだし冷静さを保つべきだから情熱が勝った時間帯にそのまま投稿するのはいかがなものかね的リスク回避でぜんぜんブログ書かないおじさんのレッテルを剥がそうと頑張ってみました)

こんばんは。野津です。

こんばんは。野津です。

 

ブログ書く書く詐欺でお馴染みになりつつある現状を打破するんだ俺は。
我、打破せむ者なり。みたいな。

 

発表されてから3ヶ月以上も経つし、
ある意味、みなさんも僕がFireloopを辞めた理由への興味も薄れたのではないでしょうか。
ちゃんと伝えたいことはあるんですが、
本当のことを言えば言うほど一人の話ではなくなってしまうので、
これはもう何も言わない方がいいかなと思ってます。
言わなくてもいいかなと言うか。すみません。

 

でも、今までの自分を否定するつもりも、
今まで関わってくれた人たちとの関係を、僕から放り投げるようなことはしません。
僕との関係を継続するかどうかは、僕が決めることではないですけど。

 

僕の悪戯魂がうずいてしまったので、4月1日というややこしいタイミングでツイートしました。
が、あれは事実です。
4月1日から大阪・南堀江Knaveというところで働かせていただいています。
なにか連絡の際は、とりあえずDMでもLINEでもなんでもOKです。
メールアドレスはinfoアットマークasrrecords.netで。

 

3月30日がFireloopの最終出勤、
3月31日は味園ユニバースでの現場、
4月1日は南堀江Knaveに初出勤。
この流れで僕がこの仕事に対してどういうモチベーションでいるかは伝わるかと思っています。

 

モチベーションはさておき、自分を肯定するために必要なのは、
自分以外の否定ではなく、自分が残す結果だけ。
これまで出会った人たちと変わらずいれたら良いなあと思いますが、
世の中そんなに甘くないとも思うので、頑張ります。

ウルトラソウルで頑張ります。
我、打破せむ者なり。

 


AC/DC - Highway to Hell (from Live at River Plate)

Hey mama look at me
I’m on a way to the Promised Land
I’m on a highway to Hell

9月20日~9月23日

ちゃんと感想を書こうとすると、逆にブログを書くのが億劫になることを私は知っている。
なので、ただ時系列順に事実を簡潔に書くだけです。
これでもろくに続かなかったら、もう無理ではないでしょうか。
 
 
9月20日…歌う魚開店祝いデスマッチ
午前中死ぬるほど苦手な歯医者を耐え抜き、印度屋にてカレーを食べた。
Fireloopに赴き、おもむろにとあるコンピレーションCDの入稿を終える。このコンピレーションは10月初旬にはお目見えするのではないでしょうか。
15時、歌う魚会場入り。18時開店、19時開演。
出演してくれたみんなのおかげで、たくさんの方にご来場いただき、歌う魚をお祝いできたのではないでしょうか。
井澤、みっちー、がーこ&6、太一朗、テラ&キヨ、歌う魚、ありがとう。
あるタイミングで終電を諦め、タクシーで帰宅。確か午前2時頃。
 
9月21日…
午前10時、寺田町に集合しモケーレムベンベと広島へ出発。
今回の遠征はユンケル君が同行してくれていたので、運転はお願いして、だいたい広島に着くまで寝ていた。
広島4.14にてモケーレムベンベレコ発広島編としての「アポカリプス伝説 vol.0」を開催。
どれぐらいお客さんが来てくださるか少しドキドキしていたが、結果的にたくさん来て頂けて嬉しい。
どのバンドも持ち味が出たライブをしてくれて楽しい。
モンキービジネス、シンガロンパレード、私の思い出、RED EARTH、モケーレムベンベ、広島4.14、ありがとう。
終演後、シンガロン晨、モケーレ原田、私の思い出登山さん、RED EARTH寺澤ちゃんとタビイさんのBARで飲む。
珍しくアルコールを摂取して、午前3時半頃カプセルホテルへ行く。カプセルホテルは好き。
 
9月22日…
11時、広島から小倉へ出発する。車中はやはりだいたい寝ていた。
リハーサル後、OCMのサンドイッチを食べる。美味い。
昨日に引き続き関西勢4組と、福岡のWHITE CATSS、Bermuda△、about a ROOMで小倉FUSE
お客さんもたくさん来て頂いていて、終始良い雰囲気で終演。
小倉でのシンガロンパレードはさすがの愛され方で素晴らしい。
終演後、打ち上げ会場でFUSE店長タケさんの誕生日を祝う。おめでとうございます。
午前2時過ぎ、大阪へ向かい出発。
シンガロンはまだ2日ほど九州でライブが続く。
 
9月23日…
10時頃、自宅着。結局ユンケル君が道中すべて運転してくれて、とても助かった。ありがとう。
遠征のアレを片付けて正午前就寝。
18時過ぎ、Fireloopに到着。
RED EARTHとHEREのツーマンが開催される。
なんだかんだ4日間一緒だったテラとキヨ、RED EARTHだけど、
よく考えたらライブじゃなくても週3~4で日常的に顔を合わすので、まったくスペシャル感はない。
16周年を祝ってくれたのは、やはり嬉しい。ありがとう。
 
 

出演をご希望の方へのお知らせでもあり、すでに出演いただいている方へのお知らせでもあります

たまに思い出したようにブログを書くことにおいて常習癖を持つ者です。

 
とはいえ、これはもうブログというよりただのお知らせです。
こないだ6月末の「チキチキ!あんなバンドマンにはなりたくない大討論会4」の会場でもお知らせしましたが、バンド登録システムを設置、開始致します。
このシステムは、過去いわゆるバンドプロフィールと呼ばれるものは、多くは紙媒体だったり、
特に書式が統一されていないバンドそれぞれが制作したpdfファイル的なものがほとんどだったものを、
一つの形式に統一していくことに意味があります。
といっても全国のライブハウスで統一されているわけでは全く無くて、単にまずFireloopにおいては、という事です。
登録して頂く内容としては、特に突飛な内容はない、と思います。
 
バンド名(ふりがな) >バンド名読めない!が無いように
連絡先 >複数記入してもらえればオフィシャルで連絡が取れない場合や、ライブハウスの担当者が退職したら連絡取れなくなったみたいなことがないように
website、twitteryoutubeなど
アー写、セット図 >バンドマンあるあるというか…「またライブハウスからメール来てたけど、先月送りましたよ?」みたいなことが無くなります。更新された場合のみバンドから送ってもらえば、ハコ側でのデータも差し替えます。
ジャンル、雰囲気 > 音楽的な意味でのジャンルとバンドそのものが持つ雰囲気です。これをクロスしていけば、音楽的なカテゴライズを超えたマッチメイクができるのではないか説、です。
あと、カテゴライズを嫌う人たちは一定数いると思いますが、カテゴライズすることの良さもあるので、その部分を活かそうということです。
 
といった項目です。
 
 
申請画面は以下のような感じです。
まあサンプル画像を載せたところで、Fireloopに興味のない人が登録画面に進むとは思えませんけども(^_^;)

f:id:nicecinema:20170716221937j:image

 
中略…
 

f:id:nicecinema:20170716221943j:image

 
 
そして、このシステム…は…!
これからFireloopに出演してみたいなーと考えてくださっているバンド、ソロ、年齢、国籍、性別問わず出演ご希望連絡としてご活用ください。
あ、ツアーバンドさんもぜひこちらからご登録のうえ、ご連絡頂けると色々とスムーズに物事が進みます、多分。
さらに、すでにFireloopには出演したことがある、なんならもう10年ぐらいで続けてるぞ\(^o^)/という方々も登録してみてください。
なぜなら、このシステムでは、最初の方に書いた登録内容のうち★印のついていた項目、
・バンド名
・アーティスト写真
バイオグラフィー(プロフィール / 備考など)
・website、twitteryoutubeなど
を反映したページを生成する機能までも備えているのです!(ウワースゲェ!!!
以下の画像のようなページです。例としてモケーレムベンベを使ってみました。
 

f:id:nicecinema:20170716221949j:image

 
これがどこで使われるかというと、Fireloopのスケジュールページです。
以下の画像がFireloopスケジュールページのサンプルですが、ご覧になったことがあるかと思います。あったらいいな。
 

f:id:nicecinema:20170716221957j:image

 
この[MV] / websiteとなっている部分がさっきのモケーレムベンベをサンプルとしているページへのリンクになります。
 
これによって、お客様にとっては「この人たちどんなバンド?」という疑問をスピーディに解消できるようになります!
逆にバンドさんからもバンド名プラスアルファアルファアルファルファぐらいは情報を伝えられるのです!
 
 
お客様も出演者のみなさんも、ぜひご活用くださいませ。
そして、どんどんグレードアップさせていきたいので、ご意見・ご要望などもモリモリお寄せください。
 
ご登録ページは以下のリンクよりどうぞ!
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

This is Fireloop basement春号タイムテーブルとお知らせ

f:id:nicecinema:20170414200452j:plain

 

いつもお世話になっております。

Fireloop店長の野津です。

 

明日15日、明後日16日とThis is Fireloop basement春号が開催となります。

タイムテーブルは画像をご参照くださいませ。

 

今回春号は1月に引き続き第2弾となりまして、

前回は両日9組出演頂き、開催致しました。

今回の16日に関しては出演が7組となります。

元々東京から来て頂くMOJAにはぜひフロアライブをと思っており、

転換/セッティング時間に少し余裕を取ろうと考え8組での開催を基本で進めておりました。

が、どうしてもピッタリとくる8組目のバンドさんが決まらず、

この日は7組での開催とすることに致しました。

イベントの性質上、まだまだキャリアの浅い若いバンドさんに出演して頂くのも難しく、

自分なりに精一杯考え、色んなバンドさんと交渉させていただいたのですが、

1日目と2日目のバンド数の差が生じてしまいました。

ただただ私の力不足によるものです。申し訳ございません。

ですので、2日目に関しては1日目とのチケット代との公平さを保つため、

入場時に頂戴するドリンク代500円で、

もう1杯ドリンク、またはフードのカレーライスをサービスさせて頂きます。

大変恐縮ですが、何卒ご理解頂ければ幸いです。

(2日目単日チケット、2日間通しチケットの方ともに対象となります)

 

こちらのサービスについては、出演バンドのクオリティの差ではなく、

あくまで同等のクオリティにおいて、単純な出演者数の差に対する補填と認識頂きたく思います。

 

両日ともに私にとっては

「え?見たことないの!?カッコイイからぜひライブ見てよ!!」

と思えるバンドさんばかりなのは偽らざる事実ですので、

改めて、ぜひご来場頂き、たくさんのバンドのステージを楽しんで頂ければと思います。

 

何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fireloopライブ終演後のハコ打ち上げシステムの変更について

いつ頃からかもうスタッフも覚えていないのですが、
Fireloopでは終演後にフロアで打ち上げをしてきました(以下:ハコ打ち)。
このハコ打ちには出演バンドもお客様も500円(缶の飲み物2本&スナック菓子)で参加頂いていきました。
終了は終電に間に合う23:45です。

が、このシステムを2017年2月より変更いたします。
お客様のご参加は23:00までとなります。
また、出演バンドとライブにご来場いただいていたお客様以外の参加は不可といたします。

元々はバンドマンもお客様も関係なく、それぞれに交流を図っていただければと思っておりましたが、
どうしてもバンドマン同士の交流よりもお客様との時間が多くなってしまいます。
かと言って、お客様との交流がなくて良いとも全く思っておりませんので、
時間を少し早めることで、それぞれに意味のある時間を作っていただければということです。

ライブハウスのブッキングというものには、
ライブハウス側からそれぞれのバンドを引き合わせたい、という意向もあります。
が、これに関してもどうしても内向的な人たちもいますので、
せっかくお互いに興味があるのに会話できずじまい、ということも少なからずあります。
これはバンドマン自身に頑張って欲しいところもありますが、
手っ取り早くということであれば、もはやシステムを変更するのが一番では、と考えました。
こういうところから面白い関係や、
各バンドの良いところがお互いに刺激になっていくことも多く、
そういう時間をしっかり作るということを「ハコ打ち」で実現したいと思っています。
また、機材や物販の片付けをスムーズに行えるようにというのも理由となります。

ただ、バンドの自主イベントなどについては、
ハコ打ちの有無、お客様の参加については任せることにしていますので、
それはイベント当日に何かしらの形でお伝えすることになると思います。

イベントの時間内や、終演後23:00まではこれまでと何も変わりません。

今まで以上に好奇心を刺激できるものをお届けできるよう努力いたします。
何卒ご理解の程お願い申し上げます。